メンズ理美容用語集-な行

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

な行

波打ちウェーブ

波の模様のようなウェーブをつけた髪型のことで、パーマ技術を用いる。ウェーブパーマとも呼ばれる。髪の中間部から毛先にかけてウェーブをつけるため、ある程度髪の長さが必要。毛束をツイストさせた上でさらにウェーブをつけることもある。アイロンを用いて、パーマをかけずに「波打ちパーマ風」のスタイルを再現することも可能。

ニュアンスパーマ

デザイン性の高いパーマではなく、髪に軽くくせ付けをするなど、スタイリングのアシストになるようなパーマのこと。直毛でアレンジがしづらい場合に用いられることが多い。

濡れパン

濡れた質感のパンチパーマのこと。古くから知られるパンチパーマとはやや違い、サイドを刈り上げて、残ったトップ部分にパンチパーマをかけるのが一般的。さらに、パンチパーマ部分をジェルでスタイリングし、濡れた質感を出す。2015年頃からSNS等でブームになった。

ネープ

えりあし部分の髪の毛のこと。人によってはくせが出やすい部分。

ネープレス

えりあし部分の髪の毛を短く整えたスタイルのこと。2010年代後半に男性のスタイルとしてトレンドになった。「ショートネープ」などの表現もされる。

ネオウルフ

1970年代や2000年代に流行したウルフカットとは違い、レイヤー(段)をつけすぎず、内と外両側にコテやパーマでカールをつけるのが特徴。2010年代後半に男女問わず流行し始めた。

© 2021 髪男-KAMIDAN-